会社情報:國友銃砲火薬店

國友銃砲火薬店のトップページ]>[会社情報トップページ]>[会社案内]>[マスコミ・報道]>[「日経パソコン」2005年8月22日号]

マスコミ・報道

パソコンの専門誌「日経パソコン」2005年8月22日号に、「パソコンの打上げシステムの草分け的存在」として、弊社の打上げシステムを紹介いただきました。

百分の一秒単位で打上げを制御
 −パソコンが演出  真夏の風物詩

日経パソコン2005年8月22日号(リード文) 大人も子供も、見る者を感動させる夏のイベントといえば打ち上げ花火。直径数百mもある色鮮やかな大輪が咲いたかと思ったら、次は人気キャラクターの顔が夜空に浮かぶ。江戸時代から「花火師」と呼ばれる職人達が磨き上げてきた日本の”芸術”は、最近ではすっかりショートしての要素が強くなっている。

  そんな時代の変化を象徴するように、花火大会の舞台裏ではパソコンが活躍している。京都市にある國友銃砲火薬店は、パソコンの打上げシステムの草分け的存在。同社では、花火の打ち上げ順や間隔など、各大会の演出に沿った点火プログラムを作成し、パソコンで打ち上げを制御している。多数の同時打ち上げが可能なほか、打ち上げ間隔は百分の一秒単位で制御できるため、緻密な演出が可能。そして何より、危険と隣り合わせの現場に「安全」をもたらした。勇気ある職人達の”聖域”に、パソコンは大きな変革をもたらしたのだ。

「日経パソコン」2005年8月22日号より

安全で高度な演出に対応、パソコン導入で進化を遂げる日本の伝統美

日経パソコン2005年8月22日号(2ページ目)拡大画像
pdfファイル